プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月雨のころ

今日の天気は雨雨雨・・・。朝からず~っと降り続いています。
五月雨って五月の雨って書きますが、旧暦の五月というのは今で言う梅雨のころに当たるので、ちょうど今ぐらいをいうのでしょうか。

いかばかり 田子の裳裾も そぼつらむ 雲間も見えぬ ころのさみだれ 伊勢大輔(新古今・227)
(どれほど農夫の裳裾も濡れそぼつことでしょう。雲の晴れ間も見えない、さみだれのころは。)

などという気分になってしまいます。

この歌を見ていたすぐ後ろに、俊成さんの

たれかまた はなたちばなに 思ひ出でむ われも昔の 人となりなば 皇太后宮大夫俊成(新古今・238)
(いったい誰が花橘の薫りにわたしのことを思い出すであろうか。わたしもまた世を去って故人となってしまったならば。)

なんて歌が書いてるので笑ってしまいました。いやぁたくさんの人があなたを想ってますよ。俊成卿!!花橘の和歌を聞いたら和泉式部はもちろんだけど、今度から俊成も思い出しそうです。おちゃめだなぁ。っていうか、この歌を選んだ定家もじ~んっとしちゃったりしたのかな。笑

<< 源氏物語 | ホーム | 復刊していた!!(BlogPet) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。