プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語

を読み返しています・・・いや、原文ははじめてかもしれないです。難しいです。源氏が何を意味してその言葉を言ったのか・・・。詳しいところまでは読む時間がないので、現代語訳と照らし合わせながらさくさく読んでおります。今、空蝉の途中まで。それにしても、雨夜の品定めって長い。くどい。(笑)

左馬守は恋愛に精通している男だったのかぁ。蒜を食べる女って・・・斉信さんも晩年調子悪い時に韮を食べていたと日記に書かれていたっけ・・・。晩年ってことは実資さんにだったかな。なよやかで可愛らしいのもいいけど、それではいまいち不安。しっかりと頼れる女じゃなくてはいけない。でも、嫉妬深いのは遠慮したい・・・かぁ。そうすると、紫の上なんかはやはり男の理想であったのかな。

しかし・・・、空蝉に対する源氏の態度は傍若無人。オレ様というか皇子さまというか。まだ源氏も若いしね。結構無茶苦茶やってます。小君に対して感情さらけだしすぎ。あさきゆめみしの源氏のような脆さとか謙虚さは微塵もない。(苦笑)しかし、文章ながら妙に色香のある人だ。なんとなく憎めないんだよなぁ。多分、作者が源氏よりの視点で物語を進めていくからでしょう。

>きささま
メールありがとうございました~。お祝いのお言葉とてもうれしかったです。最近古典から離れておりましたので、なんとか復活したいと考えています。

<< 京極為兼 | ホーム | 五月雨のころ >>


コメント

ネットで斉信とか

ネットで斉信とかを復活しなかったの?



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。