プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋しかりける

今日、職場で「最近、藤原定家が気になる」といったら、「現実世界で恋ができなくなっちゃうよ~」と言われました。

んん~、私は確かに斉信さんとか公任さんとか行成さんが好きだけど、(最近定家さんも気になっているけど)現実の恋とは全然違うんだけどなぁ~なんて思います。彼らも同じ人間。平安時代だからって何も物語世界のような非現実的なものではないんだけどなぁ・・・。

平安に対するイメージがよくないと思うことが、ままありますね。光源氏だけが平安じゃないんだよー!!と言いたい。

と、その光る君ですが、「若紫」読みました。源氏、思いっきり若紫を拉致っておりました。若紫は最初源氏を恐れていたんですね。ほとんど顔も見たことない人(しかも男)ですもんね。

若紫はとにかく可愛らしい。・・・可愛らしいという言葉につきる。幼い子が父親に甘えるようにだんだんと源氏に心を許していきます。こうなったらますます可愛くって仕方ないといった風で。

・・・若紫と出会ってから、彼女を引き取るまでの間に、藤壺との密会が書かれています。それで藤壺は身ごもってしまうのですね。やはり、藤壺のほうでも少なからず源氏を想っていないと、何度も逢瀬を重ねることはできなかったでしょう(この巻では、以前から二人が逢っていた事が書かれています)。

「若紫」では、まだ見ぬ明石入道の娘の話が出てきます。源氏は女の話を聞くと、何かとあはれに思って、気にかかってしまう性格のようですね。笑 プレイボーイなる所以でしょうか。

<< 源氏物語(BlogPet) | ホーム | 俊成パパと定家卿 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。