プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島県立歴史博物館

に行ってまいりました。もちろん、『よみがえる源氏物語絵巻』展を見に!!

今日は、学芸員さんの説明と篠笛・琵琶の演奏があるということではりきって行ったのですが、生憎の台風で時間を気にしながらの旅となりました。しかも、最初から絵巻だけが目的だったので、カメラも持っていかず・・・携帯のカメラで撮ったのでした(^_^;)

源氏物語絵巻・・・ものすご~~~~~~っくよかった。いつも、落剥した絵巻しか見ていない私にはとても新鮮で刺激的でした。藍色といいますか、青色が非常にいい色で、白や赤の生地が下から透けて見える様など、よく繊細にここまで表現できたなぁとため息物。

私が一番華やかだなぁと感じたのは「宿木二」。匂宮が六の君との婚姻三日目の朝を迎えた様を描いた絵巻です。匂宮が惹かれたのは、六の君の可愛さももちろんあったでしょうが、絵巻にはあまりにも煌びやかな六の君の部屋の様子が描かれており、匂宮の華やかな性格から見ても、夕霧の権力により集められた美女・才女の女房軍団などの六の君を取り巻く環境に惹かれたのではないか・・・まるで彰子のようだ・・・などと思ったりしたのでした。

後、思った以上に銀色が多様されておりました。灰色に見える部分は銀色なのですよ。実際に現物をみないと本当の美しさは分からないのだなぁと改めて思わされました。

帰りにミュージアムショップで源氏筆という「鈴虫二」の絵巻がカラー印刷された筆ペンをにやにやしながらショップに持っていく自分。危ない人でした(^_^;)それ以外にも一筆箋やらクリアファイルやら葉書やらをしっかり握り締めて(図録も一冊握り締めて)非常に燃えていた自分がいました。今日は行ってよかったと心から思いました。

あ。話が戻りますが、学芸さんのお話は人が多すぎて聞けなかったのと、篠笛の演奏の途中で帰宅したしたので、今日行かなくてもよかったかもしれない・・・とか思っちゃいました。でも、笛のことたくさん聞けたのでよかったです。龍笛の作り方とか能管・篠笛の違いとか。雅楽の三管で宇宙を現してるなんて話もしていて、久々に雅楽に触れたなぁと思いました。

で、近くにあった『ふくやま文学館』にもお邪魔したのですが、そこで読んだ井伏鱒二の作品が本当に面白くて、文章が上手いのと人間描写(人間ではないものでも人間のように感じる)が上手いのとですっかり魅せられてしまいました。帰りに本屋によって井伏鱒二の小説を買おうと思ったら・・・売ってない。あぁ。近代文学でももう売ってないんだぁなんて残念に思ってしまいました。まぁ、近所の本屋は文学関係は品薄だからなぁ。

そういえば、鱒二がもらった文化勲章のメダルがおいてあったのですが、中に描かれていたのは三つの白い勾玉でした。びっくり~。日本オリジナルの形なのでせうか?

<< UDON | ホーム | 広島上陸☆ >>


コメント

いいなーーー!!源氏><
あたしもみたい~~けど遠い・・・。
東京にもこないかな・・・w

残念!!もう東京では開催された後なのだよ~!!!

五島美術館
http://www.gotoh-museum.or.jp/

・・・今行ったら紫式部日記絵巻(斉信さんvvv)は見れるようです。後、佐竹本三十六歌仙の元輔とか・・・。

図録は売ってるみたいだから、行ってみてもいいかもよ?図録もなかなかよかったです。現物にはもちろんかないませぬが(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。