プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大納言の君と小少将の君

紫式部日記に頻繁に出てくる紫式部の友人、大納言の君と小少将の君。この二人の父が誰なのか・・・というのは結構前から疑問視されていたようです。特に、源氏物語研究をされて少し紫式部が気になるっていう方は、やはり紫式部日記を読まれるでしょうから、式部の友達として登場する小少将などは本当にその親が知りたいと思うのも無理のないことです。

私もちょこっと調べてみたのですが、非常に資料が混在しているというか、いまいちわからなかったのですね。で、少し論考を検索したとこと、一番研究が進んでいるのが「大納言の君・小少将の君をめぐって-紫式部日記人物考証-」安藤重和氏の論考ということで、本日読ませていただきました。

今まで、大納言の君と小少将の君の父は別人(二人とも源雅信の息子・・・つまり、道長の正妻・源倫子の兄弟)で、時通と扶義のどちらかがどちらかの娘(この辺も諸説有り)だったのですが、安藤氏意曰く、①大納言の君と小少将の君は姉妹で、二人の実父は源時通、②時通が出家したので(時通出家後、その家を背負った形になった)扶義の養女となったという論を説かれていました。

それには、時通と扶義の役職から付く呼び名を、小右記や左経記などの古記録や公卿補任などから拾い上げて検証していくというやったら面倒くさい(←おい)ことをされていたのですが、ほうほうと思う反面、やっぱり結局よく分からないのか・・・というのが正直なところの感想。というのは、確実にこうだ!という確証が得られる資料はやはり残っていないので。

でも、確かに養子にはなったんだろうなぁ。当時の女の人っていうのは、本当に名前が残ってないのですね・・・。もちろん、みんな名前を持っていたのだけど・・・名前ってすごく大切なんだなぁと改めて今、自分に名前があることってすごいのかもと思ってしまいました。

・・・そして、紫式部日記買っちゃいましたよ。笑 せっかくなら紫式部集も載ってて注釈が付いているとなおうれしい!と思って、あまり一般向けではないかもしれないけど、武蔵野書院紫式部日記

ちょっくら深めたいなと思います。

さて、このお休み。友達の子どもたちと一緒に硬筆をしておりました。なんとまぁ、ありがたいことなのですが、子どもに硬筆を教えております。えぇ・・・わたしが(笑)。いつも子どもに圧倒されつつ・・・今日で3回目。まだまだ始まったばかりの教室です。私も大学卒業後に縁あって書道を再開して(結構大きいかな書道の会派に属しております)、やっと準五段になりました。十段までいったら師範の免状もらえるのでせっせと頑張りたいと思います。目指せ!行成さま☆

>Sさま
コメントありがとうございます。古典の世界に戻って参りました(笑)『源氏物語の世界』はよい本ですねぇ。もっとこういう類の本が増えてほしいです。物語も好きなのですが、やはり私は史実に基づく文学考察が好きですvvvこれからもよろしくお願いします。

<< 最近の気になること | ホーム | 古典LOVE >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。