プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄弟姉妹について

現在、男兄弟の事を、自分より年が上か下かで、「兄」、「弟」と区別して表現していますよね。もちろん、女姉妹も、「姉」、「妹」と区別します。この自分よりも年が上か下かで呼び方が違うという今ではあたりまえの考え方が、平安時代にはありませんでした。

男兄弟のことは、みな「せうと」とあらわし、女姉妹のことは、みな「いもうと」とあらわしたのです。「せうと」と「いもうと」が、兄弟姉妹をあらわしているとすれば、男女の区別を表している部分が、「せ」と「いも」であることはわかりますね。もう少し時代をさかのぼって、『万葉集』などを見ますと、夫の事を「我が背子」といったり、妻の事を「妹(いも)」といっている記述が見られます。

現在では、『源氏物語』に登場する、源氏の最初の正妻、葵の上の兄として知られる頭中将ですが、原文には「せうと」としか出てきません。どちらが年上であるか、物語中には書かれていないのです。

物語を読み進めていく点では不便とも思われますが、どちらが年上か考えてみるのも面白いものです。

<< 源氏物語について | ホーム | 東宮について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。