プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かがやく日の宮(藤壼)について

源氏が、桐壼帝が寵愛される「藤壼の宮」に負けず劣らず美しい皇子であったために、時の人は、この皇子の事を「光る君」と呼びます。そこから「光源氏」という名前がつきました。

そして、光源氏が憧れてやまないこの「藤壼の宮」も、この「光る君」に対して、「かがやく日の宮」と称される事になるのですが、この「日」は「妃」の掛詞になっているのではないかといわれています。ここでの「妃」というのは、帝の正妻である中宮や皇后の身分ことを指していると思います。

源氏物語のストーリーを知っている現代人から見れば普通に納得できる話(後に藤壼は桐壼帝の中宮になられるので)ですが、このときは、まだ、弘徽殿女御が中宮になってもおかしくないと思われる時期なので、世聞の人が藤壼のことを「妃」と呼んでいたということに少し驚いてしまいます。

藤壺は先帝の娘ですから身分も弘徽殿女御より高かったので、問題にならなかったのでしょうけれど、弘徽殿女御からすればひどい話ですよね。嫌われ役の弘徽殿女御ですが、桐壼帝ももう少し優しくしてあげればいいのに・・・と思ったモモなのでありました。

<< 兼家さまへ | ホーム | 源氏物語について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。