プロフィール

モモ

リンク

管理人サイト

草の庵

カピバラさん

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事一覧

最新の記事です。感想などお気軽にどうぞ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト三周年

を超えました←おい 半ば半年ぐらい休んでいたことがあるので、○周年企画ってやったことないですね。そして今回も・・・苦笑 ちょうどタイミングがいつも悪い。忙しい時にくるんだもん。ま。その分一万ごとのヒットに記念企画をなんとか今までやれてこれてるので、今回も四万ヒットの時にガンバルッス!!

といいますか・・・もうそんなの考えないといけないんですか?笑 何も更新してなかったのにくるくるとカウンターが回っておりましたようで。ありがたやありがたや。今回はどうしましょうか。前回は三万にちなんで(?)三枚イラスト作りましたが・・・今回は無理だろ~な。ま。何か一枚くらいは作りたいです。漫画描くソフトダウンロードしてみたけど、やっぱり解説本がないと私には手に余ります。(というか無理)そのうち勉強します。・・・多分。もしこの話のこの場面のイラスト見たいとかありましたら掲示板かメールなんかでお知らせください。ただ・・・実家に帰ると本がないので平安文学有名所か知ってる和歌ぐらいしかカバーできなくなると思います(^_^;)

そうそう。web拍手の画像入れ替えました。ちょっとだけ。そこの一言フォームからリクエスト送ってくださってもOKです。リクエストなかったら・・・多分枕草子。笑 ネタが一つあるのでそのままいくと思います。 さて・・・。みなさま見ました?川端康成原作『古都』。見事なまでに気持ちがすれ違ってて見てて痛々しいというか。康成は人間の感情をあんなに繊細に感じ取ってたんですね。私、この方については一度授業で学んだことありまして、今回のドラマも非常に興味津々で拝見させてもらったんですが、まさかこんな世界だったとは。『雪国』を初めて読んだ時に最後どうなったのか分からなくてややこしい書き方する人だなぁと思ってたんですが、今読むと逆に余韻があって感情の表現方法がすごいなと。『古都』も原作で読んでみたいですね。ただ、ちょっと精神的に元気な時に。笑 自分の気持ちに余裕あるときにぐっと掴みたい感じがします。近代文学初めて面白いかもって思いました。逆にややこしい気がするんですよね。近代文学は。どうなんでしょ・・・。自分が平安好きだからなのかも。苦笑

<< 必殺!仕事人☆ | ホーム | 久々に >>


コメント

三周年、おめでとうございますm(__)m
記念日がタイミング良く来るって、まあ、難しい事かも知れません。
確か私のとこの二周年も、昨年末の修羅場にやって来たような……
『古都』見ましたよ~
画面も俳優さんも綺麗で、特にベテラン陣が良い味を出してましたね。
ところが全体の物語は、うめぞー的感性にどこか響かないんです。
ああ、千恵子ちゃんは自分を変えたいという願望を苗子ちゃんに託したくて仕方ないのね。秀雄さん(だっけ?)が間違って帯を渡したのがきっかけで、気付かぬ内にそれを実行しようとしたのか。そして自分と妹の溝を埋めるために、自分と同じ楽しみを与えようとし、自分に似合う着物を彼女に送ろうとし、両親にまで会わせて……健気と言うよりもエゴイスティックな自分に気付けないヒロインが、可哀想でいて疎ましかったです。
っつうか、上戸彩さんが、千恵子ちゃんに似合っていないような……でも苗子ちゃんは可愛かった(^^ゞ
上戸彩さんで思ったのですが、大河ドラマでの役、決して悪くないけれど、この先、活躍したらしただけ鬱陶しくなりそうな不安材料に思えますわ。長い物語というのは、時々そういうキャラクターを内包してるんですよね。
そりゃ、私の書く連中は全員鬱陶しいですがσ(^◇^;)

こんばんは。うめぞーさま。
コメントありがとうございます。
本当にいつもタイミングが悪いです。苦笑
>『古都』
そうそう。お母さんの演技が好きでした。一緒に布団に入ったところなんてリアルだなぁと。お父さんも子供がすきだからこそ言い出せない葛藤というか。
物語は康成の人間性がでてますよね。とりあえずあの人の作品ですっきりしてるのはない気がします。まだ伊豆の踊り子はましかもしれませんが。
千恵子は多分本気で苗子のためを思っての行動なんですよ。でも育ってきた環境が違うから理解できない。よかれと思ってやることがみんな裏目に出てるのに改善できない。要するに典型的なお嬢様タイプなのでしょう。こういう空回りするタイプの人って結構周りにいるんだよなぁと思って、その心理描写が上手いと思いましたね。あの年の頃、相手のためを思ってやってるのに伝わらないことが多かったな~と思ったり。
私は最後に苗子が言った言葉がすごく好きでした。お互い入れ替わることなんてないのだから現実をしっかり歩いていかないと・・・みたいな。意外に前向きな内容で終わってるよ。と思ったり。雪国の最後は本当によく分からなかった。ノーベル文学賞は難しいなと。苦笑
上戸ちゃんが京言葉の間、たまに自分の言葉に発音が戻るのが痛かったですね。それは仕方のないことだけど。でも、二役はとても大変だったと思います。よく演じ分けていたと思いました。
>大河
確かに確かに~。うつぼって必要な役なんでしょうかねぇ。何かの雑誌見たときに静より先に紹介されてて、この二人どっちがヒロインよ?と思いましたし。実はうつぼの方が登場回数多いんじゃないでしょうか。・・・このままいくと義経の最後まで出てくるみたいですし。せっかく静っていうヒロインがいるのにもったいないような気がして。
でも、今後もチェックしていこうと張り切ってます!最近院政期にちょっと目覚めつつあったり。後白河が気になって仕方ないです。苦笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。